東京電機大学刊「応用情報技術者試験 午前―精選予想600題試験問題集〈平成21年度版〉」の感想

応用情報技術者試験 午前―精選予想600題試験問題集〈平成21年度版〉

データベーススペシャリスト試験の午前1強化のためにこの本で勉強しました。タイトルのとおり600題ありますが、これを3周した私の感想です。

良いところ

問題数が多いのがイイ!

淡々と問題が600題載っていて、数をこなしたい方にはうってつけです。

解答の配置場所がイイ!

解答が問題のページの裏にあるのですが、これがかなり使い易いです。

一般的な問題集の場合、解答がどこにあるのか探すのが面倒で、仮に解答のページを開けたとしても、さらにそこから問題番号と照らし合わせて解答を探すというのは億劫な作業です。
あなたは、ひととおり問題を解き、後でまとめて答え合わせをしませんか?
私はそうです。そうすると、問題を解いた瞬間に浮かんだ疑問、あるいは本当にこれでいいのかなというあやふやな感覚を忘れ、ただマル・バツだけに気が行ってしまい、復習がおろそかになる可能性があります。

この問題集の構成なら、一問解くごとにページをめくって解答と解説を見られるので、知識が定着しやすいように思います。

応用情報技術者試験 午前―精選予想600題試験問題集〈平成21年度版〉

良くないところ

誤植が少なくないところ。

私の手元にある初版での話ですが、問題内のちょっとした誤植はまあ仕方がないかなと思えるのですが、解答の番号が間違っているのは致命的な感じがします。(これが1つや2つではありません・・・)
答え合わせのときには、解答だけでなく解説もよくご覧になることをお勧めします。

例えば、答え欄にはアと書いてあるのに解説を読むとアは「〜であるので間違いである」と書いてあったりするのです。

正誤表は刊行元である東京電機大学出版局のページの左フレーム下のほうの「正誤表」をクリックしてください。
ただし、正誤表に載っているもの以外にもまだまだたくさんありますので要注意です。

ハッキリ言って・・・

これは、お勧めです。世のなかの問題集はすべてこの形式にすべきだと思います。

応用情報技術者試験 午前―精選予想600題試験問題集〈平成21年度版〉
平成22年度版はコチラ↓
応用情報技術者試験 午前 平成22年度版 精選予想500題+最新160題 試験問題集